主催国際会議

  • 8th International and 10th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis (CATS-2017)
      本国際会議は1986年に日本熱測定学会と中国科学院の化学熱力学・熱分析委員会の共催で1986年に杭州(中国)で開催されて以来、4年毎に交互にホストを務め(大阪(1990)、西安(1994)、つくば(1999)、蘭州(2002)、福岡(2005)、大連(2008)、東京(2011)、杭州(2014))開催されている。3回目からは国際会議とし、”International”を冠するようになった。2017年は10回目の開催となり、第53回熱測定討論会と共に福岡で開催される。

    2017/11/02-06 CATS-2017/第53回熱測定討論会

  • Joint Meeting of The Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis and The Calorimery Conference
     カロリメトリー会議(http://www.calorimetry-conference.org)は熱測定に関わる最古の学会であり,関集三会員(故人)がカロリメトリー会議から大いなる刺激を受けて日本熱測定学会創立に力を尽くされたこともよく知られている.1990年台中頃からの阿竹徹会員(故人)の継続的な参加により本学会員とカロリメトリー会議の交流が密になり,2001年の第56回カロリメトリー会議でジョイントミーティングの提案がなされた.その年のハフマン記念賞受賞者として参加していた徂徠道夫会長が八田一郎次期会長に国際電話をしてジョイント会議開催を決断し,その歴史が始まった.2003年の第1回ジョイントミーティング以降,4年に一度のペースで開催が続けられている.第4回は当初2015年に予定されていたが,カロリメトリー会議が70回を祝う記念会議となることからジョイントミーティングは2016年に順延された.本会が通常の討論会とは別会議としてジョイントミーティングを開催しているのに対し,カロリメトリー会議側は会議そのものをジョイントミーティングにあわせているという事情を反映している.

    2016/07/31-2016/08/04 Turtle Bay Resort, North Shore, Oahu, Hawaii, USA

  • International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials
     International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials は1998年,当時東京工業大学教授であった阿竹徹会員によって開始されました.第4回まで,3年ないし4年に一度,阿竹氏を中心に開催されました.このため本シンポジウムは阿竹シンポと呼ばれることもあります.毎回,外国から約10人の招待講演者を招聘しています.第5回は当初2012年に予定されていましたが,阿竹会員の逝去に伴い2013年に延期されました.阿竹会員の功績をたたえるため,実行委員会では横浜で開催された第5回シンポジウムにおいて阿竹講演賞を創設し,国籍にかかわらず顕著な業績の研究者に講演をお願いすることにしました.日本熱測定学会は第1回以降,後援・共催を行ってきましたが第5回からは主催団体となりました.第6回シンポジウムはカロリメトリー会議とのジョイントミーティングの一部として2016年夏にハワイで開催されました.

    Sixth 2016/07/31-2016/08/04 Hawaii
    Fifth 2013/10/27-2013/10/29 Yokohama
    Fourth 2008/11/30-2008/12/02 Yokohama
    Third 2004/11/28-2004/11/30 Tsukuba
    Second 2001/11/26-2001/11/27 Yokohama
    First 1998/10/26-1998/10/27 Yokohama