第57回熱測定討論会

 新型コロナウィルス感染症が未だ収束の見込みのつかない状況の中,皆様には多大なご苦労をされていることとお見舞い申し上げます。
 さて,「第57回熱測定討論会」の開催形式について,現地開催とオンラインを併用したハイブリッド形式での開催を検討して参りました。現在の社会状況としては,ワクチンの職域接種も始まり,64歳以下の人にも接種の機会が増えてきました。とはいえ,地域やその人が置かれている環境により接種状況にかなり差がある状況です。また,より感染力の強い変異種であるデルタ株が広がりを見せています。そのような状況で,改めて「第57回熱測定討論会」の開催形式について,討論会実行委員長および熱測定学会幹事会で協議を行いました。その結果,10月末時点での新型コロナウィルス感染症による社会状況が見通せないことより,討論会開催中に感染者を絶対に出さないと保証することはできないとの結論となり,「第57回熱測定討論会」はオンラインのみでの開催とすることを決定いたしました。
 2年連続でのオンライン開催となり,会員の皆様には,いろいろとご不便をおかけすることとなりますが,オンラインならではの特徴を活かして,活発な議論と情報交換のできる討論会としていきたいと思いますので,ぜひとも討論会へのご参加とご協力をよろしくお願いいたします。

第57回熱測定討論会
実行委員長 阿部 陽香(産総研)・清水 由隆(産総研)
日本熱測定学会
会長 古賀 信吉

第57回熱測定討論会 HP

熱測定オンライン講習会2021

 本講習会では,昨年大幅改訂された「熱量測定・熱分析ハンドブック 第 3 版」をベースとして,熱分析の基礎,応用測定,高分子材料,無機材料,医薬品・生体物質の熱測定に関する講義を全 5 回のウェビナー形式で配信します。例年開催している熱分析基礎講座と熱測定講習会の代替企画となります。基礎から応用まで幅広いテーマを取り上げ,日々の研究・開発で生じている疑問の解決に役立てられる内容をお届けします。ウェビナー形式の特長を生かし,当日参加できなかった場合でも一定期間内はオンデマンド視聴が可能です。
 昨年から続くコロナ禍の中,対面形式の講義・実習は難しい状況ですが,このような時こそ実現可能な充実した企画となっております。熱測定をこれから始めようとしている初心者はもちろん,熱量測定・熱分析に関わる多くの方の参加をお待ちしています。

プログラムの詳細、申込みは以下の「熱測定オンライン講習会2021」 HPをご覧ください。

熱測定オンライン講習会2021

『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版 』刊行!!

おかげさまで8月末に,『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版』を刊行させていただくこととなりました。熱量測定と熱分析について,測定原理から応用まで幅広い分野を扱い,初版より定評ある本ハンドブックですが,第3版では,近年需要の高まっているバイオ系分野の項目を充実させ,編集委員長の織田昌幸先生をはじめとする編集委員の先生方を中心に編纂いたしました。また各項目は,本学会会員を中心とした162名の先生方にご執筆を賜りました。
 初版,第2版と同様,第3版も会員の皆さまの,これからの研究および実務用の参考図書として大変有用と考えられますので,ここに謹んで新刊のご案内をさせていただきます。

『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版 』パンフレット
表示されない場合はHandbook