作成者別アーカイブ: JSCTAHP_admin

2017年度学会賞・奨励賞選考結果

 2017年度日本熱測定学会 学会賞および奨励賞について,応募資料を精査し厳正な選考を行った結果,次のように決定しました。詳細については,熱測定 Vol.44, No.3に掲載予定です。また、第53回熱測定討論会において受賞講演及び授賞式が行われる予定です。

◆学会賞
森川 淳子 氏
(東京工業大学物質理工学院 教授)
「温度波ならびに熱イメージングによる熱測定法の開発」

◆奨励賞
菱田 真史 氏
(筑波大学数理物質系化学域 助教)
「リン脂質二重膜の物性に対する添加分子の効果の体系的理解に向けた構造熱力学的研究」
藤代 史 氏
(高知大学教育研究部自然科学系理学部門 講師)
「熱重量・示差熱分析による気相・固相反応を利用した機能性セラミックスの開発及び評価」

第12回熱分析基礎講座

第12回熱分析基礎講座:DSC・DTA・TG・TMAの講義と演習
- 信頼性の高い測定のために-
熱分析は,実用材料の熱的特性の評価から,新しい材料の基礎物性研究まで広い領域で使われている実験・分析手法です。最近の熱分析装置は,汎用性と実用性の高さゆえにブラックボックス化し,専門的知識や技術が不十分でも簡単に操作できるようになっています。しかし一方で,信頼性の高い測定と測定結果の解釈のためには,測定原理,装置の校正方法,データの読み取り,解析方法などの基礎的内容を十分理解しておくことが必要です。このような基礎事項に関する理解が不足しているために,測定データとその解釈についての信頼性が著しく損なわれる可能性も少なくありません。
本講座は研究や開発の現場で働いている熱分析技術者に必要不可欠な基礎知識・技術を習得してもらうことを目的に,日本熱測定学会の標準化作業グループが中心となって企画しております。第12回目を迎える今回は,前回ご好評いただいた DSC,DTA,TG,TMAをテーマとして取り上げました。演習を取り入れた実践的な講座であり,実際に様々な研究,測定を行っている経験豊富な講師陣が丁寧に解説いたします。午前の講義で熱分析や測定原理などの基礎を学び,午後の演習で DSC,DTA,TG,TMA装置の校正方法や測定における注意点について習得していただきます。測定に関する個別のご相談にも対応いたしますので,熱測定に初めて取り組まれる方は有用な機会として是非ご活用下さい。

主 催:日本熱測定学会(企画:標準化作業グループ)
後 援:産総研NMIJ固体熱物性クラブ
協 賛:高分子学会,日本分析化学会,日本物理学会,日本生物物理学会,日本熱物性学会,(順不同,予定)
日 時:2017年6月22日(木)10時~17時
会 場:近畿大学 東京センター 大会議室 (〒103-0028東京都中央区八重洲1丁目8-16 新槇町ビル13階)
申込締切:2017年6月14日(水)

詳細はこちらを御覧ください

会則変更、幹事・委員の交替

 2016年9月29日に開催された第43回通常総会において会則改定、規定改定が承認されました。主な改定箇所は
 ・会計年度変更
 ・会費減免制度の導入
となります。
 これに伴い会則のページを変更しました。また、会員専用ページに詳細を掲載してあります。

 10月1日より2017年度となり、幹事及び委員が交替しました。詳細は学会幹事及び委員名簿(会員専用)をご覧ください。