投稿者「JSCTAHP_admin」のアーカイブ

熱測定スプリングスクール2020 (第84回熱測定講習会)

熱測定スプリングスクール2020
(第84回 熱測定講習会)
~基礎から応用まで!充実した個別相談であなたの質問へ回答します~
 
日 程:2020年3月12日(火)~ 13日(水)
会 場:星薬科大学(〒142-8501 東京都品川区荏原2-4-41)

 詳細は近日公開致します。

会場世話人:米持 悦生(星薬科大学)
日本熱測定学会企画幹事:名越 篤史(国士舘大学),引間 悠太(京都大学),塚本 修(ネッチジャパン),西本 真琴(和歌山高専)

The Seventh International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials

The Seventh International Symposium on the New Frontiers of Thermal Studies of Materials

が、2019年11月18日(月)10:00~20:00

東京工業大学 長津田キャンパス 大学会館

(東急田園都市線すずかけ台駅下車徒歩5分)

にて開催されます。奮ってご参加お待ちしています!

詳細はこちらからお願いいたします。

https://www.msl.titech.ac.jp/~kawaji/sympo/sympo7/

DSCで潜熱プロファイルに温度幅が生じるのはなぜか?

DSCで比熱容量を測定すると,相変化時の潜熱プロファイルには温度幅が生じますが,相変化中は物質温度が変化しないことと矛盾を感じます。DSCの横軸温度は,参照試料の温度であって,測定対象の温度はやはり変化しないのでしょうか?

はじめに前提として下記をご理解ください:測定対象である試料には有限の大きさがあるので,試料内や実験系内に温度分布が発生することは避けられません.また,DSCで定量的測定を行うための条件として「試料の外で温度測定を行う」というのがあります(長くなるので説明しません).

このため,DSC装置が示す温度は(本当は)試料の温度ではありません.(ただし,較正の段階で,ピーク開始時点あるいはピークの頂点時点の温度を基準物質の相転移温度に「合わせる」ことを行うのが普通です.)

詳しくは,

  • 齋藤・森川「分析化学実技シリーズ 熱分析」
    (日本分析化学会編,共立出版,2012,東京)

をご参照ください.

熱測定コンシェルジュに戻る

熱測定サマースクール2019 8/20-21(第83回熱測定講習会)

熱測定サマースクール2019
(第83回 熱測定講習会)
~基礎から応用まで!材料・食品・バイオ分野の熱測定ユーザー向け基礎講義&実習~
詳細⇒ http://www.chem.kindai.ac.jp/ctass2019/

日 程:2019年8月20日(火)~ 21日(水)
会 場:近畿大学 東大阪キャンパス 31号館
(東大阪市小若江3-4-1)
受付・講義(20, 21日):31号館 2階 201教室(予定 ※変更の場合,ご連絡します。)
実習(21日):31号館 1階 基礎化学実験室
近鉄大阪線「長瀬駅」下車,正門まで東へ約1500 m
アクセスは以下をご覧下さい。
https://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/access_higashi-osaka.html
Webサイト:http://www.chem.kindai.ac.jp/ctass2019/
参加人数:先着50名程に制限させていただきます。
募集期間:7月末(予定)

共催:日本化学会,日本薬学会 (予定、順不同)
協賛:応用物理学会,関西医薬品協会,化学工学会,近畿化学協会,高分子学会,資源・素材学会,石油学会,繊維学会,炭素材料学会,日本液晶学会,日本家政学会,日本金属学会,日本DDS学会,日本香粧品学会,日本化粧品技術者会,日本油化学会,日本結晶学会,日本原子力学会,日本鉱物科学会,日本ゴム協会,日本材料学会,日本食品科学工学会,日本食品保蔵科学会,日本生物工学会,日本生物物理学会,日本セラミックス協会,日本蛋白質科学会,日本鉄鋼協会,日本熱物性学会,日本粘土学会,日本農芸化学会,日本バイオマテリアル学会,日本表面真空学会,日本物理学会,日本分析化学会,日本薬剤学会,日本冷凍空調学会,廃棄物資源循環学会,プラスチック成形加工学会,粉体工学会 (予定、順不同)

本講習会では,熱測定を理解するうえで欠かせない原理など基礎的なことから測定の際の試料調製のノウハウなど実践的なことまで,講義・実習を通して学びます。さらに,高分子材料および医薬品・食品・化粧品・生体分子などの様々な分野で熱測定がどのように活かされているのか応用例も紹介します。特に実習では,講師やメーカー担当者とマンツーマンで相談しながら測定を行う時間を設けます。各日の講義終了後に,講師として講演された大学,企業,装置メーカーの方々とのグループディスカッション,個別相談の時間を設けます。熱測定をこれから始めようとしている初心者はもちろん,既に研究・開発で熱分析を利用しているものの疑問を抱えている方々,およびDSC等の従来装置では問題が解決せず,新しい分析手法を模索している方々などの参加をお待ちしております。

会場世話人 島本 茂(近畿大学)
日本熱測定学会企画幹事 島本 茂(近畿大学),鈴木 俊之(パーキンエルマージャパン),
名越 篤史(国士舘大学),引間 悠太(京都大学)
機器実習協力(順不同) ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン,メトラー・トレド,
スペクトリス(マルバーン),パーキンエルマージャパン