投稿者「JSCTAHP_admin」のアーカイブ

『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版 』刊行!!

おかげさまで8月末に,『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版』を刊行させていただくこととなりました。熱量測定と熱分析について,測定原理から応用まで幅広い分野を扱い,初版より定評ある本ハンドブックですが,第3版では,近年需要の高まっているバイオ系分野の項目を充実させ,編集委員長の織田昌幸先生をはじめとする編集委員の先生方を中心に編纂いたしました。また各項目は,本学会会員を中心とした162名の先生方にご執筆を賜りました。
 初版,第2版と同様,第3版も会員の皆さまの,これからの研究および実務用の参考図書として大変有用と考えられますので,ここに謹んで新刊のご案内をさせていただきます。

『熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版 』パンフレット
表示されない場合はHandbook

2020年度学会賞・奨励賞の選考結果について

◆2020年度学会賞・奨励賞の選考結果について
【学会賞】該当なし
【奨励賞】
受賞者名:鈴木 晴(近畿大学)
業績題目:低温結晶中における分子の量子的回転と配向秩序化に関する研究
受賞者名:山下 智史(大阪大学)
業績題目:微小単結晶による熱容量測定の開発と分子性物質の新規物性の開拓

熱測定オンライン討論会2020

◆「熱測定オンライン討論会2020」を開催します。
会  期:2020年10月26日(月)~28日(水)
会  場:オンライン開催
事業内容:オンライン会議システムを利用した(1)~(4)の各事業
(1) 第56回熱測定討論会
(2) 第47回日本熱測定学会総会
(3) 熱測定ウェビナー(仮称)
(4) その他(各種WG会合等)

実施要項を公開しました。詳細は以下のHPをご覧ください。

熱測定オンライン討論会2020 HP

熱測定討論会ならびに各講習会の通常開催のとりやめについて

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する緊急事態宣言に伴う社会状況を考慮し,本年度の事業として予定している熱測定討論会,サマースクールおよび熱分析基礎講座については,通常の形態での開催を一律にとりやめることにいたしました。
 現在「討論会のオンライン開催」や「各事業を統合したようなWeb企画の開催」など代替企画の可能性を鋭意検討しております。
 新たな情報は,学会ホームページや熱測定エクスプレスでお知らせいたします。

第15回熱分析基礎講座

主 催:日本熱測定学会(企画:標準化作業グループ)
後 援:産総研NMIJ固体熱物性クラブ
協 賛:高分子学会,日本分析化学会,日本物理学会,日本生物物理学会,日本熱物性学会(順不同,予定)
日 時:2020年6月25日(木)10:00~17:00
会 場:近畿大学 東京センター 大会議室(予定)
(〒108-0028 東京都中央区八重洲1丁目8-16新槇町ビル13階)

DSC・DTAを中心とした熱分析の基礎と測定法
- 信頼性の高い測定のために-
熱分析は,実用材料の熱的特性の評価から,新しい材料の基礎物性研究まで広い領域で使われている実験・分析手法です。最近の熱分析装置は,汎用性と実用性の高さゆえにブラックボックス化し,専門的知識や技術が不十分でも簡単に操作できるようになっています。その一方で,信頼性の高い測定と測定結果の解釈のためには,測定原理,装置の校正方法,データの読み取り,解析方法などの基礎的内容を十分理解しておくことが必要です。このような基礎事項に関する理解が不足しているために,測定データとその解釈についての信頼性が著しく損なわれる可能性も少なくありません。
本講座は研究や開発の現場で熱分析を利用される技術者に必要となる基礎知識・技術を習得してもらうことを目的として,日本熱測定学会の標準化作業グループが中心となって企画しております。第13回から内容を一新し,特にご要望の多いDSCとTGに関する講座を隔年で実施することにいたしました。第15回となる今回の講座はDSCをテーマとして取り上げます。熱分析の概要に加えて,DSCの測定手法について測定原理と測定法,装置の校正,および測定結果の解析について実例をもとに解説します。また,熱分析にかかわる公定法の最新情報や最新の装置を用いた応用事例の紹介を取り入れて,一日コースの基礎講座を企画しました。実際に熱分析を用いた研究開発に長年従事している経験豊富な講師陣により丁寧な解説をいたします。測定,解析に関する個別のご相談にも対応いたしますので,熱分析に関する問題解決のための有用な機会として是非ご活用ください。

詳細は以下を御覧ください