設立について

 1965年秋,カロリメトリーと熱分析に関心のあるわが国の研究者約200名が参加して, 第1回熱測定討論会が日本化学会主催により大阪で開催されました。 この年には,国際熱分析連合(ICTA,現ICTAC)の第1回総会がスコットランドのアバディーン市で開かれています。 その後,熱測定討論会は毎年1回開催され,参加者数と講演数は増加の一途をたどるとともに, 内容も多様化し,また充実してきました。 そこで熱測定に関係のある研究者が互いに協力し,連絡を密にする必要にせまられて, 1969年11月には熱測定研究会が結成され,熱測定討論会は同研究会の主催となりました。 熱測定研究会は,このほかにニューズレターの発行と総説誌「熱・温度測定と熱分析」の編集を行いましたが, 組織の充実・事業の拡大とともに,国際交流も一層活発となり, 海外の熱測定関連団体との協力体制も整って, 1973年10月から日本熱測定学会(The Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis) として拡充改組されるに至りました。 1977年8月には第5回国際熱分析会議 (ICTA V)が京都で, また1996年8月には第14回IUPAC化学熱力学国際会議(ICCT-96)が大阪で開催され,さらに2010年8月には第21回IUPAC化学熱力学国際会議(ICCT-2010)がつくばで,2012年8月には第15回国際熱測定学会 (ICTAC15)が大阪で開催され,熱測定研究の世界的発展の中で,疑いもなく一定の地位を占めるに至っています